雨漏り修理にかかる費用を確認して賢く修理しましょう

雨漏り修理の費用が不安~場所別の費用相場~

屋上

建物の中でも屋上やベランダは、特に雨漏りが発生する場所と言えます。正しく雨漏り修理を行なわないと再発する恐れもあります。では、雨漏りにおける場所別の修理費用をチェックしてみましょう。

雨漏り修理費用の目安

屋上
雨漏りをしている屋上が100㎡未満の場合、雨漏り修理にかかる費用の目安は25万~50万円程度が平均的な価格です。ですが、屋上にプレハブや花壇、エアコンの室外機などがある場合は、別途で費用がかかります。
ベランダ
雨漏りしているベランダが10㎡未満の場合、雨漏り修理にかかる費用の目安は8万~15万円程度が平均価格となります。ただ、手すり壁や床板自体が腐食している場合は別作業が組まれ別途費用が発生します。そのような状況が見られる場合は、壁を壊して下地からの修理を行なう流れとなります。下地の補修の平均費用は、15万~25万程度になっています。

修理費用が3万円未満だと応急処置レベル

雨漏り修理の見積もりが3万円より下の額で提示された場合、「応急処置レベル」と捉えましょう。なぜなら、修理費用としては到底考えられない額だからです。3万円未満であれば、ひび割れや小さな隙間をシーリング材で埋めたり、割れたり亀裂が入っている瓦を差し替えたりする程度の作業内容です。

無料の診断サービスもある~自己判断は危険~

雨漏りの状態を自分で確認しようとしても、素人だと正しい判断ができません。原因箇所と思われる箇所を頑張って修理しても、たいていの場合完璧には直せていません。専門の業者は、雨漏り修理の際に、無料で診断・検査を行なっています。お金をかけなくても、プロが原因箇所を調査してくれるのです。

業者が行なう調査

目視調査
雨漏りが起こっている部屋の状況や症状をヒヤリングして、どこで雨漏りの原因が発生しているのか仮説を立て、実際に確認していきます。まず家の内部から検証を行ない、その後外部を検証します。雨漏りの原因箇所は一箇所で無い場合が多く、念入りに調査しないと修理をしても雨漏りが解消されないこともあるからです。
散水調査
雨漏り箇所を確認するために、散水調査を行ないます。この方法は、雨漏りを再現して、雨水がどこから侵入しているのかを確認できる仕組みとなっています。ただ水を撒くだけの作業と思う方も多いですが、この検査はそれなりの経験と知識を要する作業です。素人にはまずできない作業です。
赤外線調査
赤外線カメラで建物を写しだし、温度差を確認して行なう調査です。建物が傷んでいる箇所は、正常な場所との温度差があります。その色を確認して、雨漏りの場所やタイルの剥がれた場所などを発見することができます。

原因箇所を自分の目でチェックしたい方は

業者のスタッフは、雨漏りの原因箇所や問題箇所を調べるために、デジカメで撮影しながら診断していきます。業者によっては、屋根の診断が終わった後、平面図を作成し写真を見せながら一緒に説明することもあります。屋根の上がどのような状態になっているのか自分の目でしっかり確認したい方は、このようなサービスを提供している業者に相談するとよいでしょう。

雨漏り修理費用は安くできる

「雨漏り修理にお金をかけられない」という方は、雨漏り費用をカバーできる可能性がある「保険」を利用しましょう。保険にもいろいろな種類がありますが、雨漏りの場合は火災保険が適用されます。ただ、保険が下りるのはあくまで加入している保険の条件をクリアしている場合のみとなります。雨漏りの原因が強風の場合、修理費用が20万円以上かかる場合など、このようないくつかの条件が設けられています。雨漏り修理を行なう前に、火災保険会社に連絡して確認してみるとよいでしょう。

TOPボタン